不妊治療は生活習慣の見直しなどによって解決に導ける可能性も!

サイトマップ

Fertility treatment

意外と知らない男性不妊

かわいい赤ちゃん

不妊は女性側の問題という誤解は根強いものですが、実は不妊の原因の半分は男性側にあります。端的に言えば、男性の精子の質に何らかの問題があり、それが不妊の原因となっていることも多いのです。
例えば、男性不妊の原因としてよく知られるのは「乏精子症」と「無精子症」のふたつでしょう。乏精子症は、含まれている精子の数が極めて少ないという症状であり、自然妊娠で必要とされる1ミリリットルあたりの精子量4000万個以上という基準を大きく下回る状態を指します。無精子症は、精液の中に精子を見つけることができない状態のことを指し、乏精子症よりも更に重い症状とも言えます。
それらの症状は検査によって診断を受けることができ、治療が可能であるケースも多くなっています。乏精子症は静脈瘤が原因となっていることがあり、その場合では静脈を結び直す手術を受けることで治療を行えます。無精子症では精管の詰まりが原因となっている場合では、除去して再建する手術を受けることで90%以上の確率で自然妊娠を望めるまでに回復します。
男性の10人に1人は精子に何らかの問題を持ち、100人に1人が無精子症であるという検査結果も報告されています。不妊は女性の問題と決め付けず、男性もしかるべき検査を受けることで不妊問題の脱却に繋がる可能性も高まるでしょう。

PRESS RELEASE

  • 眠たそうな赤ちゃん

    2016/08/24

    不妊の一番の原因はストレス?

    私の不妊経験を書きたいと思います。結婚して1年、なかなか出来ないな、と思い、主人と一緒に不妊外来に行きました。数日かけて一通りの事を検査しました。数日後、結果がでて、2人とも特に悪いところは見つからず、とりあえずそ…

  • 私の不妊治療のスタートです

    ママと赤ちゃん

    二度目の結婚が遅く、結婚したのは37才を過ぎてからでした。6才年下の夫と結婚したため、夫は子供は欲しいと言っていましたが多少のんきに考…

    more

TOP